運転手の僕が赤字で倒産寸前だった

運転手の僕が
赤字で倒産寸前だった

運送会社の社長になると言ったら、

みんなは笑った。

でも5年後、その運送会社は…

これは兵庫県にある「有限会社丸福運送店」に起きた実際の話です。
私の名前は、杉本圭也。

2000年に有限会社丸福運送店にトラック運転手として就職しました。
丸福運送店は、トラックは20台以下 、社員は17名の一番よくある規模の運送会社。

自由な仕事で、そこそこの給料。

特に大きな不満もない。
でもその15年後、会社は毎月赤字で銀行もお金を貸してくれない、社員は服装もバラバラ、挨拶もしない、事故も頻繁・・・、まさに倒産寸前。 その頃の僕は、嫁と2人の子供がいて、お金もかかる。

普通なら転職を考えるような状態。

丸福運送店の悩んでいる男性をイメージした画像

でも、僕はなぜか「社長」になりました。

丸福運送店の運送をイメージした画像

前社長や創業者が親戚でもなければ親でもない、丸福運送店に、縁もゆかりもありません。

じゃあ、父親が経営者?
いえ、違います。

父は全く普通のサラリーマン。
僕は、元暴走族で、ナンパした女の子をトラックに乗せて走っていたような、ただの運転手です。

「経営のけの字も知らない、運転手が社長出来るわけないやろ!!笑」

「経営者の血を引いてる息子でも難しいのに、ましてやサラーリマンの息子がやったら会社潰れるで!」

「学もない元暴走族に経営できるかい!」

当然周りは、

「やめた方がいい」「失敗するよ」「上手くいくはずないよ」のオンパレード。

実際、そんな私が倒産寸前の運送会社を引き継いで、すぐ4人が辞めました。
右も左もわかっていない若造が、自分たちのトップになるわけですから仕方ないです。

辞表をイメージした画像

そして5年後… 会社は…

2020年12月、丸福運送店は赤字会社ではなく黒字会社になりました。

プレハブ小屋だった会社は、きれいでおしゃれな新社屋に生まれ変わり、 社員はみんな同じ制服であいさつNO.1を目指しています。
夢だった社員旅行も行けたし、賞与も出せるようになりました。
運送会社らしくない運送会社として、新聞にもたくさん取り上げられました。

「丸福さんは、本当に良いチームですよね」

あれだけバラバラでむちゃくちゃなチームだったのに、
今ではたくさんの人がそう言ってくれます。

”チーム力”でここまで変化できました。

この赤字から黒字の道中でやったことは
たくさんあります。

  • 運賃の交渉
  • 経費を極限まで削減
  • 飛び込み営業を強化
  • 金利の交渉

その様々な取り組みの中で、黒字化に最も効果があった事。
それは、組織強化

すなわち、「チーム作り」です。


最近、そんな黒字化への道のりをそばで見ていた経営者からよく相談を受けます。

そのほとんどがすなわち「チーム」に関する悩みです。

「全然、組織をまとめられない…わかってもらえない」
「社員同士の仲が悪くて、雰囲気が悪い…」
「どうすれば、もっと自主的になってくれるのか…」

チームに関する悩みは深く、心と身体を疲弊させますよね。
リーダーは大袈裟ではなく、命を削って取り組んでます。

良いチームを作るための特効薬。

そんなチーム作りで悩んでいるリーダーから相談を受けたら、必ず勧めるものがあります。 それは「ストレングスファインダー」という強み診断ツールです。 有名なので、知っている人も多いかもしれません。

ストレングスファインダーで結果が良くなるイメージの画像

これは、Webサイト上で177個の質問に答えるだけで、34の資質からその人が持つ、最も特徴的な5つを診断結果として瞬時に出してくれます。 開発したのはアメリカの世論調査及びコンサルティングを行うギャラップ社。

すでに、世界中で25,403,164人 (2021年6月27日時点)が活用している、科学的にも実績のある強み診断ツールです。

これを使うことで、リーダーである自分自身の強みを把握することが出来ます。

”リーダー自身が自分の強みを知る”

これが良いチーム作りの第一歩です。
でも、それだけでは良いチームは作れません。

”良いチーム=グッドチーム” を
作るために大事な3つの原則

私は良いチームを「グッドチーム」と呼んでいます。
グッドチームを作るための3つの原則、それは…

01

自分を知る

02

メンバーを知る

03

自分を知ってもらう

1 はまず、自分がまずストレングスファインダーを受けてみて自分の強みを知ることで達成できます。

2 は?
そう、チームメンバー全員にストレングスファインダーを受けてもらいます。
これで、それぞれの特性や強みを知ることができます。

そして3、各メンバーがみんなに自分の特性や強みを知ってもらう。

これが”良いチーム=グッドチーム”を作るために必要な3つの原則です。

でも…、これだけでも
グッドチームを作るのは 難しいという事実。

「よし!じゃあ早速この3つをやってチームを改革するぞ!」

残念ながら、この3原則を完了してもほとんどのケースでグッドチームは作れません。

それぞれの強みを知ったは良いけど、チームに合わせた”活かし方”がわからないんですね。

ではどうするか?
”強みのプロ”の力を借りる

大事なのは、それぞれの強みを活かした役割分担によるチーム作りです。
そこで、強みを深く理解した専門家によるコーチングが大きな効果をもたらします。

グッドチームを作る大まかな流れはこうです

  • 01
    ストレングスファインダーという強み診断を WEB 上で受ける
  • 02
    自分とメンバーの強みをストレングスファインダーで明確にする
  • 03
    その結果を専門コーチに分析をしてもらう
  • 04
    分析資料をもとに、強みを活かすための会議を開く
  • 05
    会議にプロコーチにも入ってもらい、 各々の強みをどうやってチームへ活かすのかをアドバイスをもらう

*凸凹をならすように調和の取れた状態に導いてもらえます。
5を「強みコーチングセッション」と呼びます。

結果、それそれぞれの強みを生かした適材適所なチーム作りが可能になります。
このコーチングは「強み診断士」という資格をもった人間しかできません。

グッドチームを作るには、
それぞれの強みを生かすことが重要

ストレングスファインダーの診断結果には、「資質」「才能」「強み」といったキーワードが出てきます。
一体、どういうことでしょうか?

Responsive image

才能

ストレングスファインダーの診断結果「才能」をイメージした画像

生まれながらに持つ自然な思考、感情、行動のパターンを言います。

説明するのが上手い。
文章を書くのが上手い。
話をするのが上手い。

資質

ストレングスファインダーの診断結果「資質」をイメージした画像

「才能」を構造的・統計的にグループ化したものを言います。ストレングスファインダーでは、34の資質に分類されています。

戦略性、共感性、最上志向、個別化、公平性…など34種類

強み

ストレングスファインダーの診断結果「強み」をイメージした画像

一貫して成果を生み出すことができる能力です。「資質」に対して訓練したり開発したりと、投資をすることで得られます。

問題解決力、企画力、コミュニケーション力、継続力、観察力など

ストレングスファインダーを使うと、Webサイト上で177個の質問に答えるだけで、34の資質からその人が持つ、最も特徴的な5つを診断結果として瞬時に出してくれます。

開発したのはアメリカの世論調査及びコンサルティングを行うギャラップ社。
すでに、世界中で25,403,164人 (2021年6月27日時点)が活用している、科学的にも実績のある強み診断ツールです。

これによって、リーダー自身が自分の強みとメンバーの強みを理解できます。

Responsive image

それぞれの強みを理解し、
生かすことでどんなメリットがあるのか?

  • お互いの強みを共有することで、相互理解が深まります。
  • 相互理解が深まると、日々の業務が円滑にいきますよね。
  • あの人はアレが得意なんだな、これは苦手だったなと、わかっているだけで接し方は変えられます。
  • 役割分担も、その人がどんな強みを持っているかに注目することで、弱みを誰かが補う組み合わせをすることで成果が上がりやすくなります。

以下に、実際に取り入れたリーダーたちの感想です。

女性40代 エステ店経営者をイメージした画像

自分の想いがスタッフさんに伝わる事で、気持ちが楽になった

女性40代 エステ店経営者
男性40代 税理士をイメージした画像

自分の強みを理解する事でリーダーとして自信が持てた

男性40代 税理士
男性30代 製造業専務取締役をイメージした画像

自分一人で抱え込んでた事が、共有できるようになった、人に頼る事ができ始めた

男性30代 製造業専務取締役
男性30代 保険代理業経営者をイメージした画像

スタッフさんの想いも理解できたし、点と点が結びついてより絆が深まった

男性30代 保険代理業経営者

自分とメンバーの強みを活かすことによって、
共通してリーダーの心が楽になっています。

コーチ杉本圭也の写真画像|丸福運送店

あなたも“グッドチーム”を
作りたくないですか?

そのために使うのは世界2500万人が使う強み診断ツール「ストレングスファインダー」
そして、その強みを生かすための「強みコーチングセッション」です。

「WEB診断は、オンラインで出来そう。でもコーチはどうやって見つけるの?」


そのコーチは、私、杉本圭也が担当します。

コーチ杉本圭也の写真画像|丸福運送店
私は、自身の丸福運送店のチームをよくするために「強み診断士」を取得しました。
そして、今では講演会、セミナー、ラジオでもお話させていたくようになりました。
自社のために使ってきた知識やノウハウを、これからは自社以外の、特に「チーム」で悩む人々のために使いたい。 そんな思いから、このコーチングをスタートさせました。

チーム作りに悩むリーダーを救うこと。

それが、これからの私たちの新しい役割だと思ってます。

セッションを受けたお客様の声

セッションを受けた宮木 大輔さまの画像

VOICE 01

宮木 大輔 さん

製造業:専務取締役

①強み診断を受ける前のお悩みを教えてください。

社員の方に対して、なぜやらない?どうして理解してくれない?というように悩んでいました。

②強み診断を受けるきっかけや動機は?

うまくいかないモヤモヤの解消と自分自身の本質を知りたかった為です。

③今回はなぜ強み診断を選んだのか教えて下さい

コスト的な部分もありますが、研修を受けなくても自分の資質の上位5つがわかる手軽さと、より自分自身の本質に気づきやすいのではないかと感じたからです。

④具体的にためになった事、どんな結果になりましたか?

自身の考え方が「資質に依るところがある」ということで、良い意味で固定観念が崩され、気持ちが楽になりました。

⑤強み診断を受けた事で、生活スタイルや仕事や日常の変化がありましたか?

特に仕事においてはコミュニケーションの取り方が変わりました。相手の本質を見極めようとして、色んな聞き方、言い回し方を試すことで、だんだんと円滑になってきました。私生活においても同様です。

⑥気持ちの変化はありましたか?

「こんな考え方しかできない自分が嫌だ」と思っていましたが、気持ちの切り替えができるきっかけになりました。

⑦この強み診断はどんな人に向いていないと思いますか?

対人関係で悩んでいる方や自分の可能性を閉ざしてしまいそうな方?かと思います。

⑧強み診断を受けていない人に勧めるとしたら、どんな風に進めますか?

「素直でない人」や「自身の考えに固執している」人は向いていないのかもしれないとは思いますが、固定観念を持っていた自分自身の考え方が変化したことを思うと、ほとんどの方に向いているのではないかとも思います。

セッションを受けた丸尾 剛史さまの画像

VOICE 02

丸尾 剛史 さん

保険代理業:代表取締役

①強み診断を受ける前に悩んでいたことは?

自分の気持ちが思ったように相手に伝わらない事がよくありました。

②今回はなぜ強み診断を選んだのか教えて下さい

経営者仲間でも活用している方が多く、経営にも活かしているという声が多かったためです。

③具体的にためになった事、どんな結果になりましたか?

あと、自分の性格や強みを知る事で、悩みが解決できるのではないかと思ったのがきっかけです。

④強み診断を受けた事で、生活スタイルや仕事や日常の変化がありましたか?

資質のトップ5が、1包含 2着想 3社交性 4コミュニケーション 5ポジティブ 包含、着想に強みがあるので、新しいアイデアを考え、多くの人を巻き込みながらできるビジネス戦略をたてる事を心がけるようになりました。

⑤気持ちの変化はありましたか?

もちろんありました。弱みを改善する事も重要だと思いますが、人を輝かすのは強味だと思うので、その部分をより追求していこうと思います。

⑥今すぐ受けた方がいい人はどんな人だと思いますか?

すべての人が当てはまると思いますが、日々の生活や仕事で悩んでいる場合は特に受けると効果を早く感じるのではないかと思います。

⑦強み診断を受けていない人に勧めるとしたら、どんな風に進めますか?

占いではなく、根拠のあるデータから自分の強みを具体的に見ることができるので日々の生活や仕事に自信をもって過ごせるようになると思います。

推薦者

推薦者 兵庫県議会議員山口 晋平さまの画像

兵庫県議会議員

山口 晋平 さま

「現場出身だからこそ」

杉本圭也君の友人の一人として、自信を持って推薦します。
彼は「現場」にこだわります。その経歴が証明しています。

親族の会社を継承したのではなくドライバーからのたたき上げ。

だからこそ、現場の苦労・課題意識を踏まえた上で、事業者としてその経営戦略を描き実践し結果をだすことができるのだと思います。

青年会議所活動も共にしました。
その組織をマネジメントすること、実効性のある事業計画を作り上げること、自らが先頭に立ち行動すること、一人ひとりを輝かせること。

その姿を傍で見た者として、うわべだけの理屈ではなく、実践を通じた説得力のある理論。

そして何より、明るく楽しい人間です。
安心して彼に相談してみて下さい。

講師実績

商工会セミナーを実施している風景画像

商工会セミナー

経営者になるまでの経緯 事業承継においての注意点 経営者の責任と覚悟 経営計画書の実践事例

和歌山県人材育成セミナーを実施している風景画像

和歌山県人材育成セミナー

人材育成のポイントと実践事例 経営者が望むリーダーとは? 部下との関わり方  人が人を教える仕組みづくり

高等学校商業科出前授業を実施している風景画像

高等学校商業科出前授業

中小企業で働く魅力及び物流の役割 簿記が将来的にどのように役立つか 人生をもっと楽しく歩む秘訣

メディア出演

FMラジオきしわだ 「一美のViViっとライフ」
「強み診断士」として準レギュラー出演中

FMラジオきしわだ 「一美のViViっとライフ」出演中の画像

強みコーチングセッションとは?

ストレングスファインダーという強み診断を WEB 上で受け、その結果を元に専門のコーチからさらに深くアドバイスがもらえるコーチングセッションです。

個人向けセッションとチーム向けセッションの2種類があります。

ストレングスファインダーを受診後、セッションとなります。
注意点①:リーダーの方はまず、個人でお受けすることをお勧めします。
注意点②:ストレングスファインダー診断は、事前にご自身でオンラインにてご受講ください。

受講方法がわからない!という方は、サポートいたしますのでお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

プラン / 料金

チームセッション

4名まで

55,000
1名追加毎に+9,900円

リーダー
ソロセッション

22,000

※税込金額 

ただし、対応できる数には限りがあります。
現在、顧問先様とのセッションはもちろんのこと、事業経営もしている身でございます。

多くのコーチング依頼をお受けできません。

そのため大変恐縮ですが、今現在、
毎月5名様までとさせていただいております。

お待ちいただく可能性もありますが、その点ご了承の上、お申し込みお願いいたします。

リーダー様限定特典 !!

毎月5名限定

22,000円 →2,200

ご案内

セッション時間は、チーム2時間、ソロ1時間が目安です。
人数により時間は長くなっていきますので、ご相談の上、決定させていただいております。
セッションは基本、Zoomで行います。

追伸

杉本圭也からのメッセージ

ドライバーで入社し、15年間の経験を経て、社内環境最悪、業況最悪の状態で親族外承継しました。

今日まで「最悪から普通へ」をテーマにがむしゃらに経営に取り組み経験を積み上げました。

ヒト·モノ·カネ·情報

あらゆる経営課題がある中、中小企業で非常に大きな課題の一つとして、「ヒト」ではないでしょうか?

社員さんの成長が企業の成長と言われるように、ヒトは企業にとって大きな肝でございます。 私がコーチングした企業様でも「チームがバラバラ」「喧嘩が絶えない」等の声をお聞きします。

一体なぜそうなるのか?

それは一人ひとりが自分の強みを理解していないから。

そして弱みの改善に目がいきがちで、関係の質を上げぬまま、行動や結果でチームを動かしているからだと私は思います。

「成功の循環」という言葉がありますが、まず最初にしなければならないのは、「関係の質を上げる」これこそが、自主的な考え、前向きな行動、良い結果になると確信しております。

杉本圭也からのメッセージ|有限会社丸福運送店 代表取締役

弊社が取り組んだ事は自分の持つ強みを理解し活かす事、そのうえで他者の強みを理解する、他者に自分を理解してもらう。

この3ステップが「関係の質を上げる」一つだと考えます。

弊社は、相互理解を基に良いチーム、一人ひとりが自信を持ち助け合うチームに変革していきました。

是非、「ヒト」「チーム」「組織」で悩んでいる方、私とともに「成功の循環」を意識し、相互理解で最高のチーム、Goodチームを構築しましょう!

有限会社丸福運送店  代表取締役

杉本 圭也