BLOG

ブログ

2022.04.15

お客様の声(秋田様)

お客様の声(秋田様)

ストレングスコーチングを受けた感想

秋田 直美様(女性/40代)
行政書士
  • どんなお仕事をしていますか?

行政書士をしています。

  • コーチングを受ける前に悩んでいたことは何ですか?

私は、行政書士事務所で実務を担当しており、営業面は全面的に所長にお任せでした。今年度の目標(業績UP等なども含め)を設定するにあたり事務所の進むべき方向性や方法論など、その役割分担が適切なのかということは、漠然と思っていました。
例えば極端な話、失礼ながら仮に所長が戦略担当としての才能が皆無であった場合、目標に向けてどう進むか、達成までの道筋が間違っていたら、言われるがまま突き進むのはどうなの~と思ってしまいます。また逆に、私が全く実行力のないタイプで目標に向かって進んで行くことができない資質なら、どれだけがっかりされるだろうとも思っていました。その点が不安と言えば不安だったように思います。

  • コーチングを受けるきっかけや動機は?

ストレングスファインダーというもの自体知りませんでしたが、所長から強み診断というものがあるというお話を聞いて、面白そうだと思いました。
自分のことは自分が一番分かっていると思っていましたが、自分が思う自分と実際の自分というものは意外にかけ離れているのではないかと思うことがあり、自分の強みというものも客観的に知ってみれば意外なことが分かるかもしれない、
自分の意識していない自分が発見できるかもしれない、と興味が湧きました。

  • これまでこのような診断を受けようと迷ったりしましたか?

占いは好きですが、理由(理屈)のない結果は、全く信頼していません。
今回、強み診断を受けるにあたり、先に口コミのようなものを少し調べました。膨大なデータから分析されたものであること、日本に限らず世界で何百万人が受けていること、概ねその評価も良好で、理由のない占いとは異なるものだということも理解できました。また、類似した診断ものはありましたが、どれも無料で何度でも受けられるという点において、結果について信憑性が低いだろうと思いました。ある程度、お金がかかるという点で真剣に受けた人の結果のみが蓄積されてプロファイリングされている点も信頼できるだろうと思わせられましたので、受けてみようと思いました。

  • 具体的にためになったことは?受けてみて、どんな結果になりましたか?

最初の質問の答えの続きになりますが、実際のところ、私の場合は、日頃から所長の戦略性については、この人はプロだな~と感じることが多かったので、ついていけば間違いないだろうなと漠然と思ってはいました。しかしながら、私自身の“勘”のようなものでしたので、実際に強み診断を受けて、所長は戦略性に長けており、私は達成欲つまり実行力に長けているという結果が出て、今の役割分担は間違っていないと分かり、安心しました。客観的な理論に基づいて、言わばお墨付きを頂いたような感覚です。

  • コーチングを受けたことで、気持ちに変化はありますか?

気持ちの上で少し楽になったものがあります。自分の弱みは、他の人が埋めて下さったり、自分の持つ他の力で埋めることが出来るんだ、ということです。正に、私は戦略性が皆無(34位)ですので、戦略性に長けている人と仕事が出来るのは良いバランスだということも安心材料になりました。
また、自分には、あまりないだろうな~と思っていたもの(ポジティブや調和性など)も高い順位にあるということが分かり、新たな発見はとても嬉しいものでした。くよくよすることもある毎日ですが、基本はポジティブだと分かったので、あまり悩みすぎず楽になった気がします。

  • コーチングを受けた事で、仕事・日常に変化がありましたか?

自分はネガティブだろうと思っていましたが、典型的なポジティブだと言われて、これくらい悩んでいてもポジティブなのかと、とっても気が楽になったことが、見えないところで生活、ひいては仕事に影響しているかもしれません。
また、カウンセリングのときに、一つ一つの強みの説明と共に、注意点を教えて下さったことも、いつも頭の片隅にあるので、少なからず影響しているのではないかと思います。例えば、達成欲が強いためか自分のペースで仕事を進めますが、注意点として教えて下さった「周りを見る」ということを片隅に置いて、意識的にまわりの人のペースというものも多少見るようになったと思います。

  • このコーチングは、どんな人に向いていないと思いますか?

強みを知っているということも自分の強みの一つだと思える人にとっては、とても意義あるものだと思います。ですので逆に、強みを強みとして活かそうと思わない人にとっては、知らなくても同じかと思います。

  • なぜ今受けようと思いましたか?

深い悩み事ではないけれども、「その方向で進んで良し」という客観的な答えが欲しい時期にぴったりだと思います。
もちろん、全く予想外の強み診断結果が出ることもあるのかもしれませんが、それは新しい自分を発見したと受け止めて、さらにステップアップするための指針の一つに出来るのではないかと思います。

  • このコーチングを、今すぐ受けたほうがいい人はどんな人ですか?

私が受けさせて頂いて感じたことは、複数人で受けることのメリットが大きそうだということです。一人で受けるのももちろん良いですが、それをどう生かすかはその人次第ということになります。
複数人で受けて、他の人の強みを知っていれば、普段は無口な人だけれど戦略性のある人の意見を聞いてみよう、揉め出したら調和性のある人に中をとってもらって良い案を提案してもらおうなど、強みの使い方の幅が広がる気がしました。

  • もし、コーチングを受けてなかったら、今どうなっていると思いますか?

突き進んでいるとは思いますが、漠然とした不安は残っていたかもしれません。

  • ストレングスファインダーやコーチングを仲の良い友人に勧めるならどう勧めますか?

今、就職活動中の人に勧めました。
自分の適性が分からないと悩んでいる人だったので、自分が何に向いているか、自分の強みから苦手なものや、実は得意だったものが見えてくるのではないかと思い勧めました。

CONTACT

お問い合わせ